Monthly Archives: 12月 2011

お茶会&交流会+お母さんが作る放射線防護委員会オープン会議行います。

お茶会&交流会+お母さんが作る放射線防護委員会オープン会議行います。 新年会とまでは行きませんが、お茶会&交流会を行います。 少し不安だわ・・・ちょっと興味ある・・・程度でも大丈夫です。 参加をお待ちしています。 日時:平成24年1月12日(木)10:00~12:00 場所:日進市 岩崎公民館 住所:愛知県日進市岩崎町大塚45 参加費:300円(お茶・お菓子付き) スシロー日進店の裏側です。 北部福祉会館ではありませんので、お間違えないようにお願いします。   当日は、託児はありませんが、お子さん連れも大丈夫です。 カーペットをひいて、おもちゃなど少し用意します。        

脱原発イベントまとめ(名古屋周辺) 12/10~

情報が来ましたので、転載します。

近隣の脱原発イベントの情報です。
お近くのものがあれば、是非、ご参加下さいね。

———————————————————

****************************************
☆☆12月10日(土)世界人権デー企画
人権デーパレード開催の案内(名古屋)☆☆
********************************************
日 時:12月10日(土)15:00 栄バスターミナル北 集合
15:30~16:30 栄周辺パレード
17:00 解散
場 所:名古屋市栄周辺
内 容:12月10日は世界人権デーです。
1948年12月10日、国際連合総会で「世界人権宣言」が採択されました。
だれひとり仲間はずれにせず、すべての人がかけがえのない値打ちを
もった人間として受け入れる社会をつくるという、この画期的な精神は、
いくつもの国際条約に受け継がれ、多くの人びとが具体的な権利を
勝ち取ってきました。世界人権デーは、宣言が採択された12月10日を
記念して制定されました。毎年この日、全世界で多くの人が、
人権のためにアクションを起こしています。
今年は私たちが住む日本にとって特別な年でした。福島原発の事故は
多くの人権問題を引き起こす結果になりました。福島原発の現場の
労働者の問題、高濃度汚染の住民の避難の権利の問題、農業や
漁業の問題・・・。
日本国憲法25条には、『すべての国民は、健康で文化的な最低限度の
生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、
社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない』とあります。
福島原発の放射能汚染の問題は憲法25条に違反します。食物を通じてや
瓦礫などを通じての汚染の拡大は、日本全国の広がろうとしています。
そして、日本ばかりでなく、世界へと目をむけると、
■中国では、昨年のノーベル平和賞を受賞した劉暁波さんは、今もなお
「国家政権転覆扇動罪」で刑務所に拘禁されています。
■ チベット、ウィグルにおいても、宗教や文化、表現の自由に対する弾圧
が続いています。今年は弾圧に抗議したチベット僧の焼身自殺が相次ぎました
■好転しているようにみえるビルマ。新政権のポーズを見極める必要が
あります。政治囚は釈放されていると報じられているものの、
今も(11/14現在)約1600人の政治囚が拘束されています。また、
少数民族への弾圧が続いており、多くの人が故郷を追われています。
■ フィリピンでは、ノイノイ・アキノ政権下になっても政治的殺害が続いて
います。しかし、加害者に対する処罰が行われていません。
■パキスタンでは、イスラム教少数派のアハマディアの人たちが弾圧され、
アハマディアモスク襲撃され、礼拝に訪れていた多数の信者がなくなり、
負傷しています。
■世界の多くの地域で、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー
(LGBT)の人たちは、宗教、文化、道徳を理由に激しく攻撃されています。
今もなお世界中で続くさまざまな人権侵害。
世界中の人たちに世界人権宣言が守られるようアクションを起こしましょう。
主 催:名古屋・世界人権デーパレード実行委員会
アムネスティ・インターナショナル日本わやグループ 他
連絡 先:QVH00512@nifty.com(中島)
備 考:*パレード終了後、協力団体”不戦へのネットワーク”の集会があります。
こちらの方にも参加ください。
「本気で実現しよう!世界一危険な普天間基地撤去12・10集会」
場所:名古屋市女性会館 視聴覚室
時間:18:00~

****************************************
☆☆原発の安全神話の終焉
~未来は足るを知るにある~ ☆☆
********************************************
日 時:12月10日(土)13:30~16:00
場 所:垂井町文化会館 大ホール
岐阜県不破郡垂井町宮代2957-2 http://g.co/maps/zkzvw
◆プログラムーーーーーーーーー
13:00 開場
司会/神田 浩史(NPO法人泉京・垂井理事)
13:30 開演
講師とテーマ紹介/所 源亮(一橋大学特任教授)
13:45~14:30 講演1
河野 太郎(衆議院議員)
『今、改めて原発を考える』
14:30~15:00 講演2
室田 武(同志社大学経済学部教授)
『原発の電気代は無限大。原発の“不経済”』
15:00~15:15 休憩
15:15~15:45 講演3
山本 英彦(大阪赤十字病院小児科部救急部長)
『放射能の内部被爆が一番怖い “内部被爆と外部被爆”』
15:45~16:00 まとめ
河村 たかし(名古屋市長)
『私たちの未来に向けて』
16:00 閉会の挨拶/所 やなぎ
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
主 催:所秀雄さん生誕93周年記念学習会実行委員会、
TOKORO奨学金
参加 費:無料
連絡 先:NPO法人 泉京(せんと)・垂井
TEL/FAX:0584-23-3010
E-mail:info@sento-tarui.org
blog:http://sento-tarui-blog.cocolog-nifty.com/blog/
備 考:当日来場された方に、『原子力発電のミニ手引書』を
贈呈します(詳細は、会場にて!)。
託児あります。事前にお申し込みください。

****************************************
☆☆ 西谷文和講演会 原発と戦争その利権の構造に迫る☆☆
********************************************
日 時:12月10日(土) 14:00~16:30
場 所:豊橋市民センター・カリオンビル5F大会議室
内 容:報道ステーションでおなじみの国際ジャーナリスト、西谷さんが
フクシマ、イラク、アフタニスタン、リビア等の取材を通して改めて訴える、
原発と戦争の関連性とその実態を語ります。
主 催:浜岡原発の危険性を考える会
資料代:700円
連絡先:090-8556-8301

***************************************
☆☆ シンポジウム-長良川河口堰開門と生物多様性―
よみがえれ長良川!よみがえれ伊勢湾! ☆☆
********************************************
日 時: 12月10日(土)PM1:30~5:30
場 所: 伏見ライフプラザ鯱城ホール
(地下鉄東山線・鶴舞線「伏見駅」下車6番出口南へ徒歩5分)
内 容: ・挨拶 大村秀章(予定) 河村たかし(予定) 近藤昭一 今本博健
・連隊挨拶 陣内隆之(有明海漁民・市民ネットワーク)
・トーク&ハーモニカ「長良川と私」野田知佑(カヌーイスト、作家)
・基調報告「3.11を経験した今、長良川河口堰開門と生物多様性」
大沼淳一(実行委員長、生命流域ネットワーク)
・シンポジウム「長良川河口堰開門と生物多様性」
コーディネータ 亀井浩次(籘前干潟を守る会)
パネラー 大橋亮一(長良川漁師)
蔵治光一郎(東京大学生態水文学研究所長)
高山進(国連生物多様性の10年市民ネットワーク共同代表)
向井貴彦(岐阜大学准教授・魚類学) 以上50音順
主 催: シンポジウム「よみがえれ長良川!よみがえれ伊勢湾!」実行委員会
代表 大沼淳一
参加 費: 入場無料(資料代として500円のカンパをお願いします)
連絡 先: TEL 090-1284-1298 FAX 058-242-3054
長良川市民学習会 武藤 mutohitoshi@yahoo.co.jp
備 考: 愛知県の「長良川河口堰検証」プロジェクトチームの専門委員会は、
「開門調査」の報告書をまとめようとしています。
私たちはこの方向を歓迎し、開門の早期実現を望んでいます。
昨年、名古屋市で生物多様性条約締約国会議COP10が開催されました。
この地域、そして全国各地の市民が多様な形で参加し、成功をおさめました。
他方、この地域には、河口堰建設によって生態系が大きく損なわれた
長良川があります。
河口堰の影響は、河口部のみならず、川の上流にも伊勢湾にも及んでいます。
長良川河口堰を開門し、生態系回復への第一歩を踏み出すことは、
「愛知ターゲット」が決議された開催地である名古屋・愛知・東海地方の市民の
責務と考え、
今般、私たちは12月10日(土)名古屋市においてシンポジウムを開催することにい
たしました。
このシンポジウム成功のために皆様のご協力をお願いいたします。
詳しくはhttp://www.yomigaere.net/
(チラシのアップもあります)

***********************************************
☆☆ 『若狭原発震災』前夜の私たち
~停まっている浜岡原発より怖い~
地震学者 石橋克彦さんの警告! ☆☆
***********************************************
日時: 12月11日(日) 午後1時30分~4時15分
場所: 名古屋市 女性会館ホール(3階)
(地下鉄名城線 東別院駅 1番出口東へ3分)
講師: 石橋克彦 神戸大学名誉教授
主催: 「石橋克彦講演会」実行委員会
参加費 1000円
問合せ 052-808-3241 (西英子)
080-5102-5872(安樂)
http://1211nagoya.wordpress.com/
1211nagoya@gmail.com
備考:
「原発震災」という言葉は1997年に石橋さんが論文で初めて使われました。
『原発震災とは、地震によって原発の大事故と大量の放射能放出が生じて、
通常の震災と放射能災害が複合・増幅し合う破局的災害である』と定義されて
います。今、福島第一原発でおきている事態はそれです。
日本列島は地球の面積の0.3%たらずなのに、地球の全地震の約1割が発生
しています。日本のすべての原発で原発震災が発生する可能性があります。
*
石橋さんは最近の論文で「今回のM9.0の巨大地震によって、日本列島のほと
んど全域で大地震が起こりやすくなった可能性がある」と言っています。また
「浜岡停止に伴い、ほかの原発は大丈夫と政府が言っているのは大問題である。
大地震発生の可能性があって活断層も多い若狭湾の原発群、とくに運転歴30
年を超える複数の老朽炉は非常に危ない。これらの原発震災は中京圏~近畿圏
を居住不能にしかねない』と若狭湾の原発の危険性を指摘されています。
*
若狭湾には14基の原発があります。そのうち6基は敦賀半島にあります。
名古屋まで100キロ、岐阜まで80キロで、風は北西から吹いていますから、
名古屋は風下になります。冬の伊吹おろしを考えればわかります。
京阪神の水道水の供給源である琵琶湖は若狭湾から20キロしか離れていません。
若狭湾で原発震災が起これば、その被害は想像を絶するものになります。
石橋さんの警告どうり、中京圏から近畿圏は人の住めない地域になる可能性が
あります。 石橋さんは今回の講演で2時間かけて若狭の原発の危険性を
お話されます。

***********************************************
12/11(日) NoNukesウォーキング(名古屋)
***********************************************
★プログラム★
14:00  名古屋駅のビックカメラ前出発、栄、中部電力本店前、千種(~オゾン)
16:00  大曽根のフェアトレード&エコショップ“オゾン”前到着
トイレ休憩
ひとこと感想・意見等を言ってもらい、解散

★服装★
仮装 or おしゃれに自信のある方は、めちゃ気張った感じで。
(目的は、目立つ事と「普通の人がアピールしてるんですよー」と
受け取ってほしいからです。)
それと、布マスクに、赤色か黄色で「No Nukes」と書いたもの
必須でお願いします。(私は、布マスクにフェルトで文字を
はっつけようと思ってます)忙しくて用意する時間の無い方は、
なるべくお早めに私まで相談ください。ご用意できるかもしれません。

申込み先:フェアトレード&エコショップ“オゾン”
(Tel:052-935-7126 オゾン営業時間のみ受付)

***********************************************
12/4-11 パネル展
「イラクにおける劣化ウラン弾と子どもの内部被曝」(名古屋)
12/11(日)お話 『イラクにおける劣化ウラン弾と子どもの内部被曝』

***********************************************
パネル展「イラクにおける劣化ウラン弾と子どもの内部被曝」
日時:2011年12月4日(日)~11日(日) 10:00~19:00
場所:フェアトレード&エコショップ“オゾン”2階
(JR大曽根駅南口より徒歩1分)
http://aift.jp/sub4.html
入場無料

2003年のイラク戦争の時に使用された劣化ウラン弾は、その高い
放射線量によりイラクの土地や人々に大きな影響をもたらしました。
パネル展の最終日11日には、お話しを予定しています。

タイトル:「『イラクにおける劣化ウラン弾と子どもの内部被曝』
パネル展企画 安江塁さんによるお話し」
日時:12月11日(日) 18:00~19:40
参加費:500円
場所:フェアトレード&エコショップ“オゾン”2階
定員:15人

内容:安江塁さんにお話しをしていただいた後、お茶や軽食を取りながら質疑応
答あり。
※すみませんが、お茶・軽食はカンパ要でさせていただきます。
申込み期日:12月10日(土)18:00迄

安江塁プロフィール:1984年生まれ。名古屋出身。
通訳・翻訳サービスイルティバート代表。大学在学中にエジプトに
留学し、アラビア語を学ぶ。帰国後の2008年からセイブ・イラク・
チルドレンに参加し、愛知県内での研修に招聘されたイラク人
医療関係者の補助にあたる。日常生活から講演会、医療研修まで
イラク人の滞在全般の補助を行う。

共催・申込み先:フェアトレード&エコショップ“オゾン”
(Tel:052-935-7126 オゾン営業時間のみ受付)

***********************************************
12/11(日) 大ナゴヤ大サウンドデモ
***********************************************

またまた!第3回目!名古屋を中心に脱原発サウンドデモを行います!
NEXT DEMO 2011.12.11 @若宮広場 11:00~イベント
12:00~ 脱原発友つくって帰ろう交流会
14:00~サウンドデモ
デモだって、楽しくやりたいじゃないかー!スタッフ不足なので、
協力者、ボランティアスタッフ求む
http://nagoyasounddemo.tumblr.com/

***********************************************
12/11(日)さよなら原発・ぎふウォーク
***********************************************
「12.11 さよなら原発・ぎふウォーク」
『あなたも、歩こう。』

・集 合:金(こがね)公園(JR岐阜駅より北へ徒歩8分)
12月11日(日)13時00分
・コース:金公園→JR岐阜駅前→名鉄岐阜駅前→ドンキホーテ前→金公園(約1.5 Km)
・参加者には、賛同店で使えるおトクなクーポンプレゼント!
・鳴りもの、ベビーカー、大歓迎。小春日和を楽しく歩きましょう。
・主 催:さよなら原発ぎふ
http://ameblo.jp/611gifu/

****************************************************
12/11(日)武田邦彦氏講演会「放射能について考えよう」
小牧ライオンズクラブ 東日本大震災チャリティ講演
****************************************************
福島第一原発事故以降、原発を取り巻く環境問題について
積極的な発言を続けている武田邦彦先生に聞く
放射能について考えよう
講 師/ 武田邦彦 中部大学教授
日 時 2011年12月11日(日) 受付 12:30
開場 12:30 開演 13:30~15:30
場 所 小牧市東部市民センター
愛知県小牧市篠岡2丁目23番地(収容人員600人)
入場無料 ただし入場整理券必要
入場整理券申込・お問合せ先
小牧ライオンズクラブ事務局(土・日・祝休み)
TEL:0568-73-0001 FAX:0568-75-5958
主催/小牧ライオンズクラブ
http://news.komaki-lions.com/article/233538740.html
後演/小牧市教育委員会 中日新聞社 中部経済新聞社

****************************************************
12月16日(金)【内部被曝勉強会】
講師:戸村京子さん(チェルノブイリ救援・中部)
****************************************************
【内部被曝勉強会】 12月16日(金)10:30~12:30
講師:戸村京子さん(チェルノブイリ救援・中部
http://www.chernobyl-chubu-jp.org/
●南生協病院の3階会議室A
会場:愛知県名古屋市緑区大高町字平子36(JR南大高駅から徒歩5分)
交通アクセス:http://p.tl/RZfw
●参加費:600円
●託児:子どもひとり300円
●主催・問合せ:おひさまマ~マhttp://ameblo.jp/kodomonomirai2011/
安保成子:携帯080(6925)5568
●共催:原発に不安を感じるママの会
http://www.geocities.jp/mama_huan/

****************************************************
12/17(土)■映画「チェルノブイリ・ハート」上映&講演会
「私たちの放射能汚染」
****************************************************
日時:12/17(土)13:30-17:30
場所:名古屋大学ESホール
料金:学生500円、一般1,300円
講演会内容
1)松井英介氏(岐阜環境医学研究所所長・医師」
「『低線量』放射線内部被曝と健康」
2)高倍知子氏(やさい安心クラブ有限責任事業組合
マーケティングディレクター)
「食品の放射能汚染・問われる流通のあり方~消費者の
不安にどう応えるのか~」

****************************************
☆☆ 『二重被爆 ~ 語り部・山口彊の遺言』
『チェルノブイリ・ハート』 上 映 会 ☆☆
********************************************
日 時:12月18日(日)
◎13時45分~『二重被爆~語り部・山口彊の遺言』(70分)
◎15時10分~『チェルノブイリ・ハート』(60分)
※途中15分間休憩有り
場 所:刈谷市産業振興センター7階小ホール
愛知県刈谷市相生町1ー1ー6 0566-28-0555
※JR ・名鉄刈谷駅北口より徒歩3分)
内 容:
主 催:『そらとも』企画
参加 費:一般 前売り1300円(当日1500円)
高校生以下 前売り800円(当日1000円)
※2作品の料金です。1作品のみの料金はありません。
※収益金は「未来の福島こども基金」に寄付します。
ご予約/お問合せ:
城内志津 090-3457-3699 mail :sizuful-158@ezweb.ne.jp
磯貝 愛 080-1612-0637
*託児有り。12月10日までにお申込ください。
備 考:
『そらとも』2回目の企画として、ドキュメンタリー映画
『二重被爆~語り部・山口彊の遺言』
『チェルノブイリ・ハート』の上映会を開催します。
「核のもたらすもの‥‥そこには目をそらせてはいけない現実があります。
核の恐ろしさを知ってください。原発は安全だと言えますか。
核は必要だと言えますか。」の思いで、企画致しました。
福島第一原発事故により、今もなお多くの人々が高濃度汚染地域に
暮らしているという事実、緩すぎる基準で放射能汚染された瓦礫や食品を
拡散していく国の対応で誰もが被爆していくリスクがあるという事実。
長い間、隠され苦しんできた被ばくされた方の声を聴いてみませんか。
その心の内に思いを寄せてみませんか。
多くの方に観ていただきたい映画です。
皆さまのお申し込み、お待ちしています。よろしくお願いします。
◆映画ご紹介
『二重被爆~』・・・広島、長崎で2度の原爆に直接遭遇した人は9人。
原爆投下後2週間以内に両市へ入り、残留放射能を浴びた二重被爆者は165人。
正式な人数は把握されていない。
この映画は、被爆後60年余り、歴史の闇の中に埋もれていた「二重被爆」の実態が
明らかになり、日本国内、海外へ半核の思いを伝え続けた山口彊さんが
93歳で命召されるまで、その遺言の意味を描く。
『チェルノブイリ・ハート』・・・
チェルノブイリ・ハートとは、穴の開いた心臓。生まれつき重度の疾患を
持って生まれる子ども。チェルノブイリ事故から16年後の2002年ベラルーシ共和国。
そのベラルーシでは現在も、新生児の85%が何らかの障害を持っている。
「ホットゾーン」の村に住み続ける住民、放射線治療の現場、小児科病棟、
乳児院‥‥。
今なお続く被爆被害の事実に迫った渾身のドキュメンタリー。

****************************************
12/23(金・休)10時~
『3.10脱原発パレード打ち合わせ』に是非ご参加を☆(名古屋)
****************************************

皆様

私たちは、脱原発社会を目指してこれまで様々な活動を
行ってきました。
3/27、5/8、6/11、9/19には、脱原発を訴えて、名古屋市内で
パレードの主催もしました。
特に9月19日は2,000人もの方々にご参加頂き、大きな力と
なりました。本当に嬉しく、感謝申し上げます。
http://blog.goo.ne.jp/611aichi

私たち「3.10準備会」では、福島第一原発事故1周年を祈念し、
来年3月10日(土)午後に栄・久屋広場(松坂屋の東側)で、
集会+パレード+キャンドルナイトを計画しています。
(3月11日は名古屋ウィメンズマラソンのため10日に開催)

このイベントをより素晴らしい企画にするため、広く実行委員会
メンバーを募集します。
3.10実行委員会の第1回会議は、12月23日(金・休)午前10時から
なごやボランティア・NPOセンター集会室(伏見ライフプラザ12階)
にて行います。
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/

今回は、特に私たち若者世代、パパママ世代が中心となって
企画したいと思っています。(若い力、楽しいイベント、大きな
盛り上がりにして、もっと幅広い世代によびかけたい)
「未来は自分たちで作るんだ!」
「子どもたちを被曝の危険から守りましょう」
「原発に頼らない社会を、世界を」
「私たちはもう騙されないよ、国にもマスコミにも」
「フクシマ原発事故を忘れない、悲しみを共に分かちあおう」
「ママたちもパパたちも頑張ってるよ、子どものために給食も瓦礫も」
「私たちは無力じゃない、一人一人の力を“大きな力”に」
「選ぶべき道は“脱原発”です」
「再稼動は絶対に許さない!」
「原発に頼らないエネルギーの道が選べる!みんなでその道を選ぼう!」

脱原発を求める声を一緒にカタチにしていきましょう☆

ブログ http://blog.goo.ne.jp/611aichi/
ツイッター http://twitter.com/919aichi
メール 611aichi@gmail.com

****************************************
☆☆NHKアーカイブス上映 ☆☆
********************************************
日 時:12月23日(休日) 11:00~12:30
場 所:伏見ライフプラザ 12F 第1研修室
内 容:① 調査報告 チェルノブイリ原発事故 1987年3月放送
② ふくしま会議の現地収録とアーカイブス
映像から考える事故の教訓 総合TV 11月23日放送
主 催: 国民保護法制を考える会
連絡先: 西英子(052)808-3241
参加 費:300円
備 考:
①チェルノブイリ事故当時、NHKはプロジェクトチームを結成し、
事故を分析するとともに高性能の線量計で北欧から南欧までの
重度汚染地帯を調査。世界の科学者と連携し、汚染の実態を
明らかにしようと取り組んだ姿勢は、国際的にも高く評価され、
数々の賞を受賞した。
②ふくしま会議(2011.11.11~13)は福島大学で開催された
国際会議。ベラルーシの医師をゲストに招き、25年後のチェルノブイリ
の状況などを伺いながら、この事故の教訓を改めて考えます。
~~~~
〇 午後の講演会にもぜひご参加ください。

******************************************************
☆☆ 福 井 の 原 発 ☆☆
交付金で地域振興はできたか 自治体財政は良くなったか
日常的に放出される放射能による影響はないか
*********************************************************
日時: 12月23日(休日) 午後1時30分~4時30分
場所: 伏見ライプラザ 12F 第1研修室
(地下鉄伏見駅 6番出口南へ5分 中消防署ビル)
講師: 山崎隆敏さん(サヨナラ原発福井ネットワーク代表)
主催: 国民保護法制を考える会
参加費 800円
連絡先 西英子(052)808-3241
備考:
山崎さんは1983年、もんじゅの地元説明会に参加以来、原発問題に
取り組む。越前市議、今立町議としても活躍。関西学院大学で、福井
の大規模開発の歴史とこれからの公共政策のあり方を講義。
*
若狭湾には原発14基が並び「原発銀座」と呼ばれています。いずれも
老朽原発です。とりわけ敦賀原発1号基は41年前に稼働した日本で
一番古い原発で、福島第一の1号機と同じ型のものです。1980年代
にアメリカで廃炉にすべきだとの論議が起きた欠陥原発です。
岐阜県、愛知県に近い敦賀半島には、もんじゅをはじめ、6基の原発が立地
しています。東海地方はその風下にあたります。事故が起これば放射能
の直撃をうけます。「ノーモア フクシマ」岐阜の方も愛知の方もぜひ
ご参加ください。

****************************************************
12月24日(土)「25年前、チェルノブイリへ大量に送られた
味噌、納豆、こんぶにみる、日本の伝統食の驚くべきパワー」
****************************************************
12月24日(土)10:00~16:00
会場 ウイルあいち料理スタジオ
講演 「25年前、チェルノブイリへ大量に送られた味噌、納豆、
こんぶにみる、日本の伝統食の驚くべきパワー」
鈴木 智子/山田 教湖
主催      アースネット・なごや  名古屋環境大学実行委員会
http://y-kuro.sakura.ne.jp/earthnet-nagoya/

****************************************************
1/14(土)15(日)「脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA」
****************************************************
・日時: 2012年1月14日(土)15日(日)
http://www.npfree.jp/
・会場:パシフィコ横浜
・規模 海外ゲスト100人、2日間でのべ1万人
・12月上旬チケット販売開始予定
・賛同金募集中!
■主催:「脱原発世界会議」実行委員会(構成団体)
ピースボート、環境エネルギー政策研究所、グリーン・アクション、
原子力資料情報室、国際環境NGO FoE Japan、
国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

***************************************
☆☆ 太陽「熱」利用に関する市民向け講演会☆☆
********************************************
日時:1月21日(土) 13:00~16:30
場所:名城大学名駅サテライト・多目的ルーム
名古屋市中村区名駅3-26-8 名古屋駅前桜通ビル13階
プログラム
はじめに 住宅用太陽熱システムを取り巻く環境~日本が変わり始めた
吉永美香(名城大学)
講演1 屋根一体型集熱機による太陽熱利用33年の歩み
須田礼二(日本環境技研株式会社)
講演2 住宅の太陽熱利用のいろはと世界の動向
岡本康男(チリウヒーター株式会社)
講演3 名古屋市の低炭素社会作りと太陽熱普及の取り組み
小島正也(名古屋市環境局)
参加:無料(定員80名)
申し込み:yoshi@meijo-u.ac.jp
(名城大学理工学部建築学科 吉永研究室)
備 考:
詳細は http://news-sv.aij.or.jp/tokai/event/20120121kannkyou.pdf
・太陽光発電に世間の注目が集まっていますが、やっぱり、「熱」の利用もすご
く大事です!! この間も新聞折り込みチラシを見ていたら、住宅チラシがあっ
て、「太陽光発電で作った電気でポカポカ暖房!」なるコピーが載っていて、の
けぞってしまいました。なんて不効率な・・・
太陽のエネルギーを何でもかんでも電気にしようというのは大間違いです。電
気は貴重品。太陽熱の変換効率は40%。電気への変換効率は10%。その差4倍!!
特に家庭は給湯・暖房などの熱需要が常にあります。また、コスト的にも太陽
光発電とは比較にならないほど優位性があります。
ご関心のある方はぜひ。おすすめセミナーです。
知立市にある「チリウヒーター」の岡本社長もいらっしゃいます。

***************************************
☆☆1/29(日) 自主上映会『チェルノブイリ・ハート』
『二重被爆 語り部 山口彊の遺言』(岩倉)☆☆
********************************************
自主上映会『チェルノブイリ・ハート』
『二重被爆 語り部 山口彊の遺言』
◆時:2012年1月29日(日)
◆開場:13:30 上映時刻:13:45~
◆所:岩倉市総合体育文化センター 多目的ホール
(岩倉市鈴井町下新田123  TEL:0587-66-2222)
http://www.city.iwakura.aichi.jp/culture/88vtda0000001lwy.html
◆チケット
前売りチケット 一般 1,300円(ピンク) 高校生以下 800円(きいろ)
当日チケット 一般 1,500円(ピンク) 高校生以下 1,000円(きいろ)
※ 収益金は「未来の福島こども基金」に寄付いたします。
チケット販売窓口(募集中!)
【岩倉市】ピアゴ岩倉店・ピアゴ八剱店・生鮮館やまひこ岩倉店・
ナフコFUJIYA岩倉店・カネスエ・おさや糸店
【北名古屋市】喫茶「花」
または、以下問い合わせ先まで!
◆託児・授乳室有り
お留守番ができないお子様をお持ちの方も安心☆
保育士(ボランティア)が託児いたします。(申し込みが必要です)
◆問い合わせ
090-2924-5362(イトウ)
aichi.kodomonomirai@gmail.com(コドモノミライ-aichi-)
http://kodomonomirai.jpn.org/wp/
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
まずは、ご一緒に映画を見て、放射能について、
ひとり一人市民レベルで真剣に考える切っ掛けをつくりませんか?
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
主催「チェルノブイリ・ハート」「二重被爆 語り部 山口彊の遺言」
自主上映会実行委員会

****************************************************
2月3日(金)~6日(月)脱原発ポスター展(三重県桑名市)
****************************************************
~三重県初貸出☆~ 脱原発ポスター展
命こそ宝! 見えないだけ ~守ろう!みんなの命を ~
●会場:桑名市民ギャラリー(桑名駅前サンファーレ2 階)
http://sunfare.jp/ 三重県桑名市桑栄町1
●主催:桑名で脱原発ポスター展に取り組む有志の会
●代表:岩谷 治
●電話:0594-23-4136 (伊藤)
(2月2日展示作業)
福島第一原発の事故以来、東北、北関東を中心に、かなりの
放射能に汚染された現実があります。それは程度の差はあれ、
世界中の問題で、桑名市も例外ではありません。
「放射性物質は粒子が小さくて、目に見えなくて無臭で味もしない」
といわれますが、福島第一原発の事故以来、いろいろと
見えてきたものがあります。
核のゴミの問題、内部被曝と外部被曝のこと、被爆労働、農産物の汚染等…。
そんなことを考えている中で、「脱原発ポスター展」という
取り組みをされている方がおられることを知り、私の住む桑名市
でもできないかと有志で企画しました。
御覧になった方が、「原発の問題」について考えていただく、
きっかけになれば幸いです。

講演会情報です。名城大学 公開講座

色々な所で、色々講演会が頻繁に行われます。
時間のあるときに、参加してみてはいかがでしょうか?

色々なつながりや気づき。新しい発見などもあるかもしれません。

 

今後も、こちらで随時お知らせして行きます。

 

大学の公開講座です。
*********************************************************************
2011年12月10日(土) 13時00分~16時00分
テーマ
「身近なバイオサイエンス
~身近に潜む化学物質汚染~」

(講座1)「地球上における有害化学物質の循環と汚染-重金属と放射能を中心
として」
(講座2) 「大気汚染は改善したのか?-大気汚染物質と暴露リスク」
地球上では大気や水を介し化学物質が激しく循環しています。本講演では、身近
に潜む有害化学物質やそれらの暴露リスク、並びに中国大陸からの越境汚染につ
いて講演を行います。また、過去における大気圏核実験や原子力発電所事故によ
る放射能汚染についての研究事例も紹介します。

講師
講座1:坂田昌弘(静岡県立大学環境科学研究所所長・教授)
講座2:大浦 健(名城大学農学部・准教授)

開催場所
名城大学 天白キャンパス 共通講義棟北3階 N324講義室

http://www.meijo-u.ac.jp/koza/kokai/23_08.html