会の目的

~ 会の目的 ~

日本で起こってしまった原子力発電での事故。この世界に、たくさんの人口の放射性物質が放出されました。
汚染の中で、家族と子供、大切な人たちを被爆から守るために・・・

出来るだけ、被曝しないために・・・

できる限りの、いろいろな事をやっていきます。

 

◆放射線とリスクについての啓蒙活動

危険を知っている人と知らない人、気にする人、気にしない人の差が大きすぎるので この差を縮める為に、勉強会&お茶会、講演会などを行います。
コミュニケーションを大切にし、「怖いよね。心配だよね。」等の言葉が、普通に話せる雰囲気の地域社会を目指します。

◆暮らす地域の給食食材を検査を行政へ要望。
子供達の内部被曝を、少しでも減らすために、リスクがあると思われる食材の不使用。
被曝ゼロを目指す安全な給食を求めて行きます。

◆地域での線量計測を、行政に要請 外部被曝を少しでも減らすために、学校や公園、公共の場での線量の計測と公表を、行政へ要請します。

◆情報の共有 一人で調べる事が出来る情報は活動は限られると思うので、情報を共有できる用にしたいと考えています。
愛知県で出来た会ですが、その地域地域によって、暮らしは異なります。
この活動が波及していって、その方が暮らす為に生きた情報が提供できるようになれば良いなと考えています。

◆汚染食材の情報共有
人材の育成 お母さん自体が、その地域で勉強会&お茶会が開くことが出来る様に、仲間を作ってもらう事が出来る様に 勉強会開催が出来る人材育成に努めます。

その他、放射性物質の拡散を止める努力。
脱原発活動なども、日々、やっています。

 

【活動実績】

2011年9月    日進市長へ、給食等の要望のお手紙を提出(連名37人)
2011年11月1日 お母さんが作る放射線防護委員会MCRP会の発足
2011年11月20日 放射線勉強会&お茶会
2012年1月12日 お茶会&交流会開催
2012年3月12日 放射線をガイガーカウンターで測ってみよう(日進&長久手)
2012年4月25日 お茶会開催
2012年4月29日 鎌仲ひとみ監督『ミツバチの羽音と地球の回転』上映会 (次世代のくらし、命、エネルギーを考える会への参加)
2012年7月4日 子どもを放射能から守るための対策講座 ~発酵食品で免疫力を高めよう~
2012年9月4日 DVD上映会「内部被爆を生き抜く」(次世代のくらし、命、エネルギーを考える会への参加)
2012年10月13日 河田昌東先生 講演会【汚染のなかで 生きる】(次世代のくらし、命、エネルギーを考える会への参加)

 

その他、平成24年3月議会 日進市議会で、ガレキ受け入れ決議が採決されようとしたとき、反対運動をしました。
給食センターや保育園の給食については、常に資料提出や働きかけをしています。