◆放射線防護のお話会 報告

By | 2015年12月27日

◆放射線防護のお話会 春日井編

少し前になりますが、27年11月6日に
「放射線防護のお話会」を春日井市で行いました。

15_11_06春日井お話会画像01

参加者28人 本当にたくさんのママ達に参加頂きました。

・放射線被曝とはどういう事か
・日本の現状
・簡単な防護の対策方法

など、とても熱心に皆さん聞いて下さいました。

質疑応答では、次々に手が上がり聞いて下さいました。

子供や家族を本当に守りたい気持ち
母だから思う事などは共通なので、とても共感して貰えた様です。

お話会の後は、皆さんと一緒にランチを頂きながら和やかなムードで。
自身の給食への対応方法などの話をしました。

———————————————-
◆参加された方の感想

・難しい部分も知識としてインプットできました。頂いた正しい知識を持って判断し、豊かな暮らしをして子どもを守っていきたいと思います。(Hさん)
・細かい情報がしっかり聞けて、講師の生活の話も聞けて、大変参考になりました。(Sさん)
・(子どもスペースに)プレイマットなどひいておくと良いのでは。(Iさん)
・忘れかけていた事を思い出し、また出来ることからやっていきたいと思います。(Hさん)
・漠然と考えていたことでしたが、いろんなことを知り、やれる所からやっていきたいです。(Oさん)
・放射能の話は初めて聞きました。意識はしていましたが、難しくてモヤモヤしていた時にこの機会を頂き、今日は聞きに来れて良かったです。(Mさん)
・今まで放射能のことをあまり気にせず生活していたので、今日のお話会を機に色々なこと(食事)に気をつけていこうと思います。(Nさん)
・福島原発のことがあってからずっと放射能のこと気になっていました。どのように食品を選ばれているか、基本のこと分かりやすくお話いただきありがとうございました。(Yさん)
・具体的な食対策など、2回目希望です。(Sさん)
・質問タイムが具体的な話でとても良かったです。(Tさん)
・放射能が良くないということは分かっていても、どうすればいいか分からずなので、詳しく聞けてよかったです。言葉も聞き慣れず、難しいけれど、また勉強したいです。(Sさん)
・難しいお話もありましたが、何を気をつけるべきか、大切なことが分かって勉強になりました。まずはやっぱり「食」に気をつけて、少しでも内部被曝を避けたいと思います。
・母親目線でお話を聞けました。注意すべきこと、夫婦で考え話し合うこと、いろいろ悩んでいましたが、少しずつまた勉強してみようと思いました。(Yさん)
・放射能について詳しく知らなかったので、勉強になりました。(Nさん)
・分かりやすい言葉でお話頂いて、よく理解することができました。これからもより気をつけて過ごしていこうと思います。(Iさん)
・今まで放射能について独学だったので、いろいろ教えていただけたのでとても良かったです。やはり母親目線でお話していただけると話が入りやすいので、理解が深まりました。(Mさん)
・いつも食べ物選びで悩みます。なるべく無農薬の野菜などを選んでいるけど、今日の話では有機野菜もダメとか?!どうしたらいいのか、自分でもまた考えていきたいと思います。(Hさん)
・本などを見てもなかなか頭に入らなかったのですが、具体例なども出していただき、分かりやすかったです。(Iさん)
・先生のお話は漠然と聞くだけで頭に??だったけど、質問コーナーでなるほどーが広がりました。(Oさん)
・専門用語はやはり難しく頭に入りづらかったです。でも、その部分を理解した上でいかに避けて生活するかを考えないといけないので、前半の話はもう一度自分で復習します。まだ事態は収束していない。このことを意識して、世の中を見ながら、おかしな情報に振り回されないようにしたいです。
質問タイムで具体的話を聞けたのがとても参考になりました。いかに取り込まないかももちろん大事だけど、そればかりに躍起にならないように、心の安定も気をつけながら家族の心と体の健康を守っていきたいです。(Nさん)
・一応の基礎知識はあったものの、日々の生活に追われて忘れがちになっていることも多々あったので、また気を引き締めて頑張りたいです。
戦後70年経っても体内で放射線を出し続ける事実は衝撃的でした。やはり3本柱が大事ですよね。
ランチ後の給食のお話もありがとうございました。春日井も少しずつ変わっていけるよう、地道な活動をしていきたいと思います。(Iさん)
———————————————-

今回は、【春日井 自然派ママの会】さんに依頼頂きお話させて頂きました。
地域で、共通の認識を広げて行くのは重要な事です。
要望頂ければ、出向きます。

ご相談下さいね。